新型うつ病となったら相談したい精神科医とは

新型うつ病について

悩む女性

精神科などに行く目的と注意点を説明します

ディスチミア症候群は別名新型うつ病と言われるもので、原則として、医療機関にみてもらい治療する必要があります。精神的な問題になるので、みてもらう科としては、精神科や心療内科になり、他の科で診察してもらうと検査の結果「異常無し」と言われることも。精神科や心療内科に行けば、確かな医学的知識に基づいて治療してくれるので、「短い期間で諸問題を解決できる」ことが期待できます。無気力になったり逃げたくなったり身体的な不調感が出たりするのが、ディスチミア症候群に罹患したさいに出る症状です。ディスチミア症候群の症状が出てしまうと、先に言った症状のために、仕事を続けることが困難になり退職することになることも。精神科や心療内科にて治療することで、仕事を続けることができないと言う事態になりにくく、経済的に追い込まれてしまうことを防げるでしょう。症状が酷くなると命に関わる事態に発展することもあり、医療機関にみてもらえば、そういったことになることを防ぎやすくなります。

病気と言える程の症状を諸問題に対応するためには、大学の医学部で学び、確かな医療知識を身に付ける必要があると言えます。患者の中には診察時間に、独自の見解を長々と医師に伝える人がいますが、「治療をスムーズにするためには具体的な事実関係を伝える」必要があるでしょう。たとえば仕事場に行くとなんだか急にやる気が出なくなり、その症状が出はじめたのが1年前からで、大きなミスをした後に症状が出たなど。可能性として診察の結果、ディスチミア症候群以外の精神的病気にかかっている場合もありますが、適切な判断をする場合には事実が大切です。先生が具体的な病名を早期に特定することにより、有効な治療を早い段階ですることが可能となり、病気になる前の状態に短期間で戻りやすくなるでしょう。ディスチミア症候群を治療するために医療機関に行くまえに、ノートに具体的な事実関係を書き出すことをおすすめします。少し面倒かと思うかもしれませんが、数時間もあれば行えますので、ちょっとした隙間時間を利用して情報の整理をしてもみるのもいいでしょう。