新型うつ病となったら相談したい精神科医とは

新しいタイプのうつ病

ハート

新型うつの特徴となりやすい人

ストレスや脳の神経の異常によって発症するうつ病には、大きく分けて2つのタイプがあります。1つがメランコリー親和型と呼ばれるもの、もう1つがディスチミア親和型と呼ばれるものです。前者の特徴は、自分はダメな人間だと考え、激しい自己嫌悪に陥り自分を責めるということです。後者の特徴は、負の感情に陥ってしまうのは自分に責任はなく、他人が悪いと考えてしまいます。そのため、ディスチミア症候群の人は、しばしば自己中心的でわがままであると解釈されることが多いです。具体的には、仕事中など、自分が好むことではないことをしているときは憂鬱になりよくあるうつの症状が出ますが、プライベートで友達と遊んでいる時や、リラックスして家にいるときなどは、通常と変わらず元気であるというのが普通です。メランコリー親和型の場合は、趣味や好きだったことをしても楽しさや幸せを感じないというのが主な症状として挙げられるので、医学的にはディスチミア症候群はうつ病ではないとする人もいます。

ディスチミア症候群は、30歳前後の患者数が多いと言われています。仕事に行くのが嫌で、うつの状態にしがみついてしまうという人も多くおり、そのため仕事に慣れてそこそこの地位も確立されてきた30代前後が多いのです。症状が悪化すると、周りがすべて悪いと考えてしまうようになり、他人に攻撃的になりトラブルを起こしやすくなり、仕事や人間関係がうまくいかなくなってしまうことも多くあります。また、メランコリー親和型のうつになる人は真面目、仕事熱心、責任感が強い傾向にありますが、ディスチミア症候群の場合は、不真面目、熱心さに欠けるなどの特徴が強い傾向にあります。このようなディスチミア症候群を治療する確実な方法は、実は確立されていません。ディスチミア症候群は慢性化すると特に治しづらいため、周りが病気であることを理解し、サポートしながら考えを改めさせていくというのが最善の治療法になります。また、調子が良いときは症状が出にくいため、調子が良い状態をなるべく維持出来れば自然と治ることもあります。