新型うつ病となったら相談したい精神科医とは

気分変調型の病気です

男女

自己中心的でわがままな人が罹りやすい

ディスチミア症候群はうつ病の一種ですが、中高年の年代に比べると、若年層の男女に多い傾向があります。一般的なうつ病の場合は、自責の念が強い傾向がありますが、ディスチミア症候群の場合は、周囲の人や環境が悪いと考えやすいです。自己中心的でわがままな人が罹りやすい傾向があります。会社や学校に通学や通勤をすると、抑うつや気分の落ち込みなどのうつ病の症状が見られます。意欲や気力が減退して、ミスが増えたり、成績が下がることもあります。周囲の人には理解されにくい病気ですが、気になる症状が見られる場合は、精神科や心療内科を受診することが大事です。ディスチミア症候群は、ストレス環境ではうつの症状が強く見られますが、自宅で好きなことをしたり、レジャーを楽しむ時は活動的になるなどの傾向があります。一般的なうつ病に比べると、ディスチミア症候群は気分変調型のタイプです。家族や友人、上司、同僚には怠けや甘えなどと誤解されますが、本人は辛い症状で苦しんでいます。うつ病の治療は保険適用が受けられます。

ディスチミア症候群は男性に比べると、女性にやや多い傾向があります。人間関係や仕事、家庭環境などが原因で発症することがあります。一般的なうつ病に比べると、精神症状はやや軽い傾向があります。うつ病は本来は十分な休息が必要ですが、ディスチミア症候群の場合は休職や休学をしないほうが良いケースもあります。過度な叱責や励ましは厳禁ですが、適度に負荷を掛けることで、症状が改善することも多いです。ディスチミア症候群は、周囲の人には理解されにくいですが、信頼できる友人や家族には相談に乗ってもらうことが大事です。ディスチミア症候群は、心療内科や精神科のクリニックで、カウンセリングなどの精神療法や認知行動療法なども有効です。認知行動療法は間違った考え方に気付くことで、うつ病の症状を改善することが可能です。精神科や心療内科のクリニックは、心の病気の人が通院しやすい環境が整っています。通勤や通学をすると辛いと感じる場合は、勤務時間を調整してもらったり、無理のない日数にしてもらうのもお勧めです。