新型うつ病となったら相談したい精神科医とは

新型うつ病と精神科医

悩む男性

おすすめの精神科医

新型うつ病として注目されているのがディスチミア症候群で、その特長はワガママや自分勝手になりがちになります。その症状が出てきたと感じたならば、精神科医に診てもらうのが良いでしょう。ただし、その精神科といっても数多くあるため、どこを選べばいいか分からないケースも少なくありません。そこでおすすめなのは、産業医の経験があったり、産業精神保健との繋がりのある精神科医を選ぶことです。というのも、ディスチミア症候群というのは、慢性化しやすく青年層に多く患ってしまうことが多く、働きながら治療を受けることが少なくありません。その治療のとき、産業医経験・産業精神保健などの知識や経験が大きく役立つことになります。そういう精神科医かどうかを判別するのはなかなか難しいものですが、このような医師はすでに産業医とのパイプが太いのも特徴的です。そのため、勤めている会社の産業医にディスチミア症候群について相談してみれば、それに適した病院を紹介されてもらうことも少なくありません。

うつ病というと、責任感が強く仕事熱心というイメージを抱く人が少なくありませんが、これはメランコリー型うつ病と呼ばれるものです。多くのうつ病罹患者はこのメランコリー型うつ病であるため、そういうイメージを抱いてしまいます。でも、ディスチミア症候群はメランコリー型うつ病とは正反対の症状が現れます。他罰的傾向がみられ、自己愛と万能感に満ちているのが一般的であるため、一般的にうつ病だと気づかれにくいことが少なくありません。また、メランコリー型うつ病は中年層に多く発病しますが、ディスチミア症候群は青年層に多く見られます。このように、うつ病は「責任感が強く仕事熱心」と固定観念でいるとディスチミア症候群を見逃してしまって、そのまま放置されて悪化するケースもあります。もしも、家族や同僚でディスチミア症候群の症状が見られるようになったら、医師に相談してみると良いでしょう。そのとき、やはり産業医やそれに精通している精神科医を利用されると治療するときにスムーズに行うことができます。

気分変調型の病気です

男女 ディスチミア症候群はうつ病の一種ですが、中高年に比べると青年期に多く発症します。ディスチミア症候群は、自責の念よりも他人や環境が悪いと感じることが多いです。自己中心的でわがままな性格の人が罹りやすい傾向があります。

詳しく見る

うつ病の種類

悩む男性 うつ病にはいくつかのタイプがありますが、そのなかにディスチミア症候群と呼ばれるうつ病があります。ワガママや自分勝手といった症状が現れ、慢性化してしまうケースもあるため、会社でも悪化しないような準備をしておくと良いです。

詳しく見る

医療機関で治す

カウンセリングを受ける男性 精神科や心療内科に行くと、医師がじっくりと話を聞き、その結果治療に必要な治療方法を選択し治療してくれます。必要に応じてディスチミア症候群の治療や予防に効果的な、リワークプログラムによる治療ができるのが人気の理由です。

詳しく見る

新しいタイプのうつ病

ハート ディスチミア症候群はうつの一種で、自分に責任はなく他人が悪い、という思考になるという特徴があります。確立された治療法はないので、周りの理解を経ながら少しずつ心をコントロールしていくことが最善の治療であると言えます。

詳しく見る

新型うつ病について

悩む女性 精神科や心療内科に行き、ディスチミア症候群の治療を始めると、今抱えている悩みが解決できることが期待できるでしょう。医療機関での診察時には言いたいことは色々あるでしょうが、治療をスムーズにするために、事実関係を優先して伝えるのがおすすめです。

詳しく見る